« Twister | トップページ | Asklepios »

i言語ごっこ・その3

富山の薬売りによるお薬開発。反魂丹はお腹の薬ですが。
天神像を広めたという説もあるそうなので、寺子屋に飾って御利益あるといいですね。

 

ICG =都築藩国に抗生物質の研究開発技術を導入する 

f:わんわん帝國は共和国に比べて医療体制が遅れている ={

 側面:帝国内では医薬品の確保が重要視されている
 側面:帝国内では新しい医薬品の開発に関心が高い

f:都築藩国は帝國環状線プロジェクトの推進国である ={

 側面:都築藩国では環状線関連の検疫管理の必要性から、帝國全土の公衆衛生についての情報収集に力を入れている
 側面:都築藩国では帝国内に発生する疾病傾向のデータ分析が可能である
 側面:帝国内に感染症の流行が発生しそうな場合、都築藩国ではいち早くその傾向情報を把握することが可能である

f:都築藩国は酒造りで有名な藩国である ={

 側面:都築藩国では観光産業推進のため、酒造技術の近代化が図られている
 側面:都築藩国は酵母関連の細菌研究、管理の技術を持っている
 側面:都築藩国はアルコール醸造関連の培養プラント技術を持っている
 側面:都築藩国に蓄積された細菌管理関連の情報は、新しい抗生物質の発見に結び付く可能性が高い

まとめ
 医療体制が共和国に比べて遅れている帝國では、医薬品の確保が重要な社会的課題であり、新しい医薬品の開発にも関心が高い。
 帝國環状線のプロジェクト推進国である都築藩国では、公衆衛生関連の情報分析が進んでおり、感染症対策の重要性が理解されている。また、伝統的に酒造りが盛んな土地柄であり、最近の観光産業育成政策から、近代的な酒造技術の導入が進んでいる。

 これらの特色を生かし、都築藩国では酒造の細菌管理技術を応用した医薬品開発、中でも抗生物質の研究開発、製造が可能である。

 

« Twister | トップページ | Asklepios »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: i言語ごっこ・その3:

« Twister | トップページ | Asklepios »