« 米粉のパン・玄米粉入り | トップページ | Conductor »

i言語ごっこ・その5

テロ対策特別措置。

 

ICG =帝國環状線の電源供給施設対策を推進する

f:最近のNWでは、大規模な犯罪行為が多発している =側面:大量の旅客、貨物を輸送する帝国環状線は、犯罪行為の対象として狙われる可能性がある。

f:帝國環状線は、マグレブ方式を採用した鉄道路線である。 ={

 側面:マグレブ方式の鉄道は、その運転に大電力を必要とする。
 側面:帝國環状線を安全且つ正確に運行するには、供給電力の保全管理が不可欠である。
 側面:環状線を停止させるという犯罪行為を目的として、環状線の電源供給施設が破壊行為の標的とされる可能性がある。

f:都築藩国は帝國環状線プロジェクトの推進国である。 ={

 側面:都築藩国には帝國環状線の安全かつ正確な運行を保全する義務がある。
 側面:環状線の主要部分の設計及び管理は、都築藩国で行われている。
 側面:環状線の電源供給施設は、都築藩国内に建設されている。

f:大電力を供給する発電施設が一箇所に集中していることは、故障、事故、破壊行為などの危険性が大変高い。 ={

 側面:帝國環状線の電源供給施設が停止することは、環状線の運行に支障をきたす。
 側面:環状線の電源供給施設は出来る限り分散して運用することで、停止のリスクを軽減することが出来る。

f:都築藩国では観光産業に力を入れ、順調に利益を上げている ={

 側面:農業国の特徴を生かした観光産業という認識が浸透しており、自然環境との共存を目指した管理技術の必要性が理解されている
 側面:帝國環状線の大規模発電施設においても、自然環境との共存を目指した管理技術の構築が可能である。
} 

まとめ
最近のNWでは、大規模な犯罪行為が多発しており、わんわん帝國環状線はその標的となる可能性がある。
この環状線はマグレブ方式を採用し、運行に大電力の供給を必要とするが、そのリスクは犯罪行為の標的となる可能性がある。
帝國環状線は、その敷設を都築藩国の主導で行い、車両の設計や電源供給施設の設置も都築藩国内で行われている。
帝國環状線の電源供給施設が当初都築藩国内に設置されたとしても、大規模発電施設が一箇所に集中していることは、故障、事故、破壊行為などの危険性が大変高く、計画の進行に伴ってこれを分散させ、電源供給の停止というリスクに対応できる施設計画が必要である。
この計画においては、科学技術をもって自然環境との共存に配慮するという、農業国である都築藩国らしい管理理念を導入することが可能である。
 

 

« 米粉のパン・玄米粉入り | トップページ | Conductor »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: i言語ごっこ・その5:

« 米粉のパン・玄米粉入り | トップページ | Conductor »