« Asklepios | トップページ | 米粉のお食事マフィン »

i言語ごっこ・その4

寺子屋対抗で、道真公に算額の奉納とかしたらば、いいかもしれませんね。

 

ICG =都築藩国における農業技術振興を推進する

f:都築藩国には寺子屋の施設が存在する ={

 側面:地域社会に密着し自主運営的な教育基盤が存在する
 側面:寺子屋は夜間子供が使わないため、地域の集会などに利用可能
 側面:寺子屋を基点とした地域社会のネットワークが形成されやすい
 側面:地域社会に密着した人的ネットワークの形成により、自主的に生活問題の解決を図る風土が形成されやすい

f:都築藩国は新臣民の受け入れ、産業の活性化により、人口が増加傾向にある ={

 側面:藩国人口規模に見合った食料の安定供給の必要性がある
 側面:農作物収穫量の安定、増加の必要性がある
 側面:収穫量の安定や増加が可能な品種開発の必要性がある
 側面:農作物収穫量を左右する肥料、農薬の管理技術の普及の必要性がある
 }

f:都築藩国では観光産業に力を入れ、順調に利益を上げている ={

 側面:観光用の農産物の需要があり、その開発の必要性がある
 側面:特産品、商品作物の開発などの育種技術の必要性がある
 側面:農業国の特徴を生かした観光産業という認識が浸透しており、自然環境との共存を目指した管理技術の必要性が理解されている

f:都築藩国は帝國環状線プロジェクトの推進国である ={

 側面:環状線敷設は藩国あげての大プロジェクトであり、社会の関心が高い
 側面:環状線関係の情報には国民が敏感である
 側面:環状線運行に伴い、帝國内の物流が盛んになることが理解されている
 側面:環状線運行を機会に観光が盛んになり、その関連の事業が活性化することが期待されている
 側面:帝國内の他の藩国との物流が動くことにより、需要の増加、販売競争の激化が予想されている
 側面:物流のダイナミクスに対応可能な流通管理システム構築の必要性がある

f:都築藩国は農業国であると同時に、ウォードレス開発や帝國環状線設計などの科学技術水準も高い
 =側面:農業分野で必要とされる技術を、別分野の産業から流用することが可能である

まとめ
都築藩国には寺子屋の施設が存在し、これを基盤として地域社会に密着した人的ネットワークの形成が可能な風土が存在する。
これを通じて、農業関連技術を藩国全体に浸透させ、農業関連の知識向上や職業モラルの健全化が期待できる。
具体的な技術としては、収穫量安定のための肥料、農薬の管理技術、作物改良開発などの育種技術、帝國環状線運行に合わせた新しい商品作物の開発や物流の変動に適合した流通管理システムなどが必要されており、これらの技術水準の上昇が必要とされている。
また、都築藩国はウォードレス開発、帝國環状線の設計など科学技術水準も高く、農業分野での問題解決に別分野の技術を流用することが可能である。

 

« Asklepios | トップページ | 米粉のお食事マフィン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: i言語ごっこ・その4:

« Asklepios | トップページ | 米粉のお食事マフィン »