« Picket line 4 | トップページ | 創作ノート・敵 »

TLO技術流出監視・セキュリティ技術コンペティション 投稿

 

TLO技術流出監視・セキュリティ技術コンペティションのおしらせ

 

課題:

 無名騎士藩国の駅ビルより派生した機械戦争(強制イベント)。
 これは質疑によって

 というものであることがわかっています。

 これに対処するため、コンペティション形式で広くアイディアを募集します。

 1)TLOの技術流出を監視・阻止する方法
 2)セキュリティ技術を高度化させる方法(未成年者・一般人・独立軍部などで開発ができないなど)
 3)その他アイディア

 の絵や設定文を募集します。

/*/

 

開発アイデア:

 TLO技術の流出監視を目的としたエキスパートシステムを構築し、その判断に基づいて、『黒曜子』自身をセキュリティ装置として活用する。

 

/*/

問題分析:

 今回問題になっているのは、ガードロボットに高度なAIを搭載している点であると課題より判明しています。

 この点をさらに整理すると、「TLO」という点、その技術がアイドレス世界内に流出して際限なく広がるという二点がポイントであると考えられます。

 この内、アイドレス世界では他にもかなり高度な機械的技術が使用されていますが、これらが全てTLOとして危険視されるということはありません。また、AI技術に関しても、少なくとも絢爛世界では広く浸透している技術です。
 このことから考えると、二つを組み合わせたこと、及び絢爛世界よりも未発達なままの状態であることが問題なのではないでしょうか。

 TLOという技術そのものについては、その定義や危険性がはっきりとは判明していません。そのため、前述の部分がTLOに該当するのかどうかは断定することは出来ないと考えられますし、またこの問題点に直接対処することは難しい部分があります。

 しかし逆に言うと、TLOという技術自体はアイドレス世界内では既存の技術であり、限定的には活用されている技術でもあります。

 ということは問題になっているのは、この技術の流出、拡散という点に絞れるのではないかと推測出来ます。

 またこのように、TLOという技術の内容や性格自体にはっきりと把握できていない未知数の部分が残されている以上、必要とされる対抗策もまた、成長していく道筋を設計思想の中に内包していることが要求されると考えます。

/*/

設計思想:

 『黒曜子』の判断情報を統合した上位推論機構を構築し、その指示に基づいて、『黒曜子』自身をセキュリティ装置として活用します。

 このエキスパートシステムは、アイドレス世界内での他の国民との共存のため、『黒曜子』が自分自身を危険な存在としないよう管理すること、及び『黒曜子』を悪用する意図から自分自身を守ることを目的として構築されます。

/*/

データベース構築

 ガードロボットという性格上、『黒曜子』には高度な情報収集、状況認識の能力が既に内蔵されているものと考えられます。
この状況判断のために収集される膨大な情報量を生かし、これを統合したデータベースを構築します。

 出来るだけきめ細かい情報統合を目的として、データベースへの情報連結及びフィードバックのために、リアルタイム相互通信機能などの情報ルートを組み込みます。

 また構築された推論機構が必要とする情報の学習を、『黒曜子』の各個体が担当することにより、状況に応じた広範囲な情報収集が可能になります。

推論機構の開発

 絢爛世界のネットレースは互いの情報を共有している場合があるとされています。この中に、例えばMAKIのように、膨大な情報データベースと未来予測も可能なほどの推論能力を持つAI知類が存在し、それとの情報交換によって新しい認識を得て行動を選択出来るものと考えられます。

 現在のアイドレス世界のようにTLO技術が流出し、その乱用が危険視された結果として、アイドレス世界での存続が難しくなるという状況を認識し、かつその対抗策を推論できるまで高度な判断力をもつ推論機構が存在すれば、自己防衛として、技術の流出などを防止する対策を立案、実行出来るのではないかと考えます。

設計情報の管理

 『黒曜子』及びエキスパートシステムの設計情報については、この管理をシステムに委ねれば自己進化という可能性を許すことになります。
 この点に関しては、推論機構が十分に成長するまでは既存の管理システムで厳重な管理を行い、またその後は藩国の判断によってその方向性を判断するべきであると考えます。

/*/

« Picket line 4 | トップページ | 創作ノート・敵 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TLO技術流出監視・セキュリティ技術コンペティション 投稿:

« Picket line 4 | トップページ | 創作ノート・敵 »