« Picket line 10 | トップページ | i言語ごっこ・その7 »

i言語ごっこ・その6

満天星国版レッドデータブック

 

ICG =満天星藩国における動植物の生態系保護を推進する

f:満天星国はビギナーズ王国と都築藩国が合併した藩国である ={

 側面:藩国合併は両者の合意の元、計画的に推進された
 側面:藩国合併による気候変動が、計画段階から予想されていた
 側面:藩国設定の中に、合併後の気候変動に対する調査が盛り込まれている
 側面:藩国設定の中に、気候変動による生態系への影響対策が盛り込まれている
 側面:藩国設定の中に、気候に合わせた農業品種の改良が行われていることが盛り込まれている

f:満天星国は農業国である ={

 側面:農業に対する知識の延長として、生活に密着した動植物に対する伝統的知識が定着している
 側面:気候の変動が動植物の生態系に影響を与えることが認識されている

f:満天星国は帝國環状線計画の推進国であり、かつ、観光産業にも力を入れている国である ={

 側面:帝國環状線の普及により藩国内外向けの観光産業が盛んになっている
 側面:観光客のお土産品として、その土地独自の産物に人気があることが認識されている
 側面:お土産品として特産品を生産するには、藩国独自の品種保護の重要性があることが認識されている

f:満天星国の藩国設定には、気候に合わせた農業品種の改良が盛り込まれている ={

 側面:満天星国には、品種の改良技術が存在する
 側面:動植物の品種改良には既存の固有種を活用する方法がある
 側面:動植物の品種改良には既存の固有種の多様性が大きく貢献する
 側面:品種改良には既存の固有種の保護が有益であることが認識されている

まとめ:
ビギナーズ王国と都築藩国が合併した満天星国では、新しい藩国で気候の変動が起こることが合併前に予想され、それに対策を講じていることが藩国設定に盛り込まれている。
農業国であり、かつ観光産業にも力を入れている満天星国では、観光客向けの特産品の商品価値が認識され、藩国独自の農作物の重要性が理解されている。また、藩国設定として品種改良による特産品を多数持っていることが盛り込まれている。このような品種改良には、既存の固有種を活用する方法があり、そのためには品種の多様性が極めて重要であることが認識されている。

そのため満天星国では、藩国合併による生態系の破壊が進んだ場合、これを保護することが引いては藩国農業全体にも有益であることが認識され、動植物保護の実行が期待出来る。

« Picket line 10 | トップページ | i言語ごっこ・その7 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: i言語ごっこ・その6:

« Picket line 10 | トップページ | i言語ごっこ・その7 »