« バレンタイン2014 お品書き その1 | トップページ | バレンタイン2014 お品書き その2 »

i言語ごっこ・その20

 

ICG =アイドレス世界における遺伝子疾患の治療技術を確立させる

#アプローチ
#満天星の民は恩義を忘れない。

#i言語ごっこ・その14より
f:第五世界型ウォードレスは、錬金術由来のクローン技術を応用して製造されている。
=側面:満天星国においては、錬金術由来のクローン技術がある程度安定的に利用されている。

#旧謎板2000/12/06(Wed) 12:30:40 やがみさんの発言より
f:第五世界には膠原病の遺伝子治療技術が存在する。 ={
 側面:第五世界における錬金術由来のクローン技術には、膠原病などの免疫不全疾患を後天的に遺伝子治療することの出来る可能性がある。
 側面:満天星国において利用されている第五世界由来のクローン技術には、免疫不全疾患を後天的に遺伝子治療することの出来る可能性がある。

f:満天星国は過去数回に渡って藩国間を跨ぐ医療支援を受けている。 ={
 側面:満天星国は過去数回に渡って藩国間を跨ぐ医療体制を指揮する猫野和錆氏の支援を受けている。
 側面:満天星国は猫野和錆氏への恩義を忘れてはならない。
 側面:満天星国は藩国間を跨ぐ医療支援への恩義を忘れてはならない。

f:猫野和錆氏の細君月子さんが膠原病の悪化により瀕死の状態にある。
=側面:満天星国は猫野和錆氏の恩義に報いるべく可能な限り月子さんへの医療支援を行わなければならない。

まとめ:
満天星国において利用されている第五世界由来のクローン技術には、膠原病など遺伝子の問題に起因する疾患を治療することが出来る可能性がある。また、満天星国は過去藩国間を跨ぐ医療支援を受け、これによってパンデミックを退けた経験を持っており、その際、医療支援の指揮を執った猫野和錆氏には大きな恩義がある。

現在、猫野和錆氏の細君月子さんが膠原病の悪化により瀕死の状態にあるとの情報が伝えられている。満天星国は過去の医療支援での恩義に報いるべく、月子さんの治療支援に全力を尽くさなければならない。この際、満天星国で利用されている第五世界由来の遺伝子治療技術が、役立つものと推測される。

このような後天的遺伝子治療の技術は、藩国間を跨ぐ医療協力にも貢献するものと考えられる。満天星国では未来の必要性に備え、これまで受けたような藩国間医療協力体制の一助となるべく、自国の持つ遺伝子治療技術の確立に努力していく必要がある。

« バレンタイン2014 お品書き その1 | トップページ | バレンタイン2014 お品書き その2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: i言語ごっこ・その20:

« バレンタイン2014 お品書き その1 | トップページ | バレンタイン2014 お品書き その2 »