« はちみつのマドレーヌ | トップページ | トルタ・カプレーゼ »

講義室 質問 50308102

高物理系技術開発についての質問
 
低物理の魔法とは方向性が違いますが、満天星国には従来から、銀河鉄道のようにファンタジーな雰囲気の施設などが存在します。
こうした設定を発展させることは、混ぜるなキケンに該当するのでしょうか。
 
制御を可能にする為に、理論体系のような形で設定する必要があるのではと考えています。メリットだけでなく、デメリットも設定して、使用する場面を限定する方向性です。
 
施設や武器としての利用は、爆発の危険性も高くなってしまうかと思うので、特定の藩国独自施設に固有とし、センサー系などの補助的技術として少し広めに普及させることを想定しています。
 
具体的には、満天星国にはレコンといった感覚系に優れた職業の歴史があるので、人間の第六感を利用した魔法感知というような技術です。
絢爛の水測技能が超能力と設定されていたかと思いますので、そういうイメージで考えています。
 
満天星国 えるむ

« はちみつのマドレーヌ | トップページ | トルタ・カプレーゼ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 講義室 質問 50308102:

« はちみつのマドレーヌ | トップページ | トルタ・カプレーゼ »