« 業務連絡 | トップページ | 業務連絡 »

2006年1月24日 (火)

編成のお話・その3

飛行隊生き残りマニュアル
死なない、あるいは死なせないためのポイント

NPCとのコミュニケーションは自力で探っていくのも面白いかと思いますが、とりあえず死んじゃったら元も子もありませんので。最も死亡率が高いと思われる、飛行隊員のサポートについてメモってみました。
 
NPCの名前挙げてますが、これはあくまでもこれはおらが船の場合です。一応あまりAIに偏りがない状態で観察したつもりなんですが、何処でどんな記憶もらってきてるかを、全て把握するのは不可能なんで。

艦長のやる気
これは必須事項。どんなにRBが頑張ったって、夜明けの船にすたこら逃げられたら帰艦出来ません。艦長がエリザベスなら、指揮の腕としては申し分ないでしょうから、あとはやる気だけ。士気が高ければ、例え撤退でもちゃんと着艦を考えて行動してくれる筈。
 
士気が低下してきたら、直接士気がプラスになるのがハチマキ、一番お手軽ですが。他のアイテムで正義あたりがプラスになるのもいいかも。お金が無かったら、NPCが持っている「名前付きアイテム」を巻き上げます。
ヤガミ、メイ、ハリー、後はタフト大統領だったかな。
それでも放ったらかしにしてると、士気はじりじり下がっていってしまうと思われますが。後はこまめに話し相手になるとか。仕事の相談をするとか、でしょうか。
航路変更のたびに解任してると、情緒不安定になります。後は怪我をしている場合も要注意。医務室に連れていくには、ある程度仲良くなってないといけないので、やっぱり日頃から交流しておくのが、吉。

優秀な水側
こちらも重要。出撃前に敵艦隊に囲まれてしまうと、撤退の確率が非常に高くなるし。ミズキちゃんやサウドなら、士気が極端に低くなければ大丈夫でしょうが。飲み物を渡しすぎると、席を空ける時間が長くなってやや危険。逆に放置しているとストレス溜まるらしいので、適度に会話しておく、とか。ミズキちゃんとうっかり仲良くなりすぎちゃったら、しばらくハンガーに入り浸り。結構あせった事が。

エンジンの性能
これがなー、意外と難しいんだよなー。エンジンルームは隔離環境なので、機関員のやる気が低下する速度が、他の部署より極端な気がする。そして隔離環境なので、職場内恋愛が怖いことになってるケースも有りがち。定期的に配置換えをするとか、自分で見回るとかするのがいいですかね。ただ機関室とハンガーは遠くてなー。ということで都市船入港時が良いのではないかと。自分が飛行隊でなければ、威信点稼ぎのためにも、出来るだけ積極的にお手伝いをするのがお勧め。

味方戦力の増強
単純にRBの数が多ければ、大体戦闘は有利になります。お勧めパイロットは、体験的にはタキガワ、ヤガミ、ドランジ、イイコ、ハリーあたり。ファーストプレイの敵戦力であれば、パイロット2人いれば何とかなるかと思いますが。
ただRBが増えると、結構弾切れも難しい。臨検が出来ないと水雷武器が補充されなくなる場合もあるし。どうしても補充されなかったら、艦長になって都市船で購入するしかないですね。

 

おまけ・陸戦隊のお手伝い
パイロットについで死亡率高いのは陸戦でしょう。そして選挙シーズンになると、ポー教授が魔のテレビ局制圧を叫び続けることが予想されます。陸戦部隊の戦力が充実していないと、これで陸戦隊員には何人も犠牲が出ますね。
どうもこれは、数の勝負が一番効き目があるみたい。それもNPCの人数よりも、名も無いお手伝い人材の人海戦術らしい。

陸戦隊員は一般的にあまり威信点が高くないので、隊長になるのは難しくないし、陸戦隊が出動するような状況になったらば、陸戦に転がり込み、ビットで人材の登録をしてあげる事をお勧めします。
正直、この作業だけは。操作方法が不親切な設計だと、思ってますけど。
そしてですね~、配置換えしている間に一種アラートが発令になると、異動は出来なくなりますので、くれぐれもご注意を~。

 

|

« 業務連絡 | トップページ | 業務連絡 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 編成のお話・その3:

« 業務連絡 | トップページ | 業務連絡 »