« 天の浮橋 | トップページ | れっどくりすたるの日 »

2010年5月 7日 (金)

乗り物図鑑

無名世界におけるそれぞれの世界は互いに情報のやり取りをして同一性を保っている

だがこの同一性は、可能性という唯一のパラメータをもって表現される情報に限定されている

ある事象の、例えばある人物の情報が転写されたとしても

どんな表現が向こう側の世界で観測されることになるのか

それはその世界の物理法則によって大きく異なってしまうことになる


善悪の区別が、付かなくなる

そんなことは

当たり前じゃないか

同じ名前で同じ顔をしていても

それは結局

別の人間だ

別の意識があれば

別の善悪がある

それを勝手に

空の人形のように扱うのが

相手から見たなら

どんな仕打ちなのか

ただそれだけのこと


でも


若者を助けて声を上げ

真っ先に戦場に馳せ参じ

その思いを桜の下に新たにする

己の過ちを感じれば

皆の前できちんと頭を下げる

これをもって

登壇というのではないのか

娘達よ

謡え 讃め歌を

修羅の道を往くものに

風の幸運のあらんことを

|

« 天の浮橋 | トップページ | れっどくりすたるの日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143486/48291746

この記事へのトラックバック一覧です: 乗り物図鑑:

« 天の浮橋 | トップページ | れっどくりすたるの日 »