« 比翼の鳥7 | トップページ | 火産霊の馬鹿ばやし »

2010年5月23日 (日)

アヒヒ・レフアの花

 

父があの容姿で
 
あの肌と髪の色
 
その名前と、漢字
 
故郷の服装

 

歴史に”もしも”がある世界なら
 
日の本の国には
 
黒い肌の
 
やんごとなき血統の生まれる可能性が
 
あった筈だ
 
火の女神に仕える
 
大王の血筋の王女が
 
もしも
 
太陽の女神の王家に
 
嫁いでいたというのなら

 

カナリアを相手に
 
歌を書き続けた
 
最後の黒い女王
 
彼女は
 
一体何を
 
祈り続けていたのだろうか

 

|

« 比翼の鳥7 | トップページ | 火産霊の馬鹿ばやし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143486/48435919

この記事へのトラックバック一覧です: アヒヒ・レフアの花:

« 比翼の鳥7 | トップページ | 火産霊の馬鹿ばやし »