« 旅の日 | トップページ | mare »

2010年5月18日 (火)

大いなる獣

 

ラスコー洞窟の壁画が
 
天の星座を写しているという説には驚いたが
 
でも確かに
 
最もマクロ的なものである天体の動きを
 
最もミクロ的でシンプルな形に繋いでしまう
 
星座という認識は
 
人という種の特異な能力の
 
現れのひとつなのであろうと思う

 

方位方角というマクロを
 
ミクロの陣に封じて
 
使役することは
 
原初の偉大なる魔術のひとつ
 
最たる混沌である人の想いを
 
最も整然たる線に封じようとするのも
 
また同じことだ
 
そのようにして人は
 
舞を覚え
 
己の手足に文様を刻み
 
やがては真四角の磯城を造り
 
宮を造り
 
都を造る
 
その巨大な
 
ひとつの祈りが
 
真に封じ使役しているものは
 
何なのだろうか

 

|

« 旅の日 | トップページ | mare »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143486/48390542

この記事へのトラックバック一覧です: 大いなる獣:

« 旅の日 | トップページ | mare »