« 夏至 | トップページ | 禿山の一夜 »

2010年6月23日 (水)

 

貴方方が皆それでいいと言うのだとしても
 
私は、嫌。

 

その可能性が
 
何処で誰に
 
繋がっているのかなどということは
 
はっきり言って
 
私には何の興味も無い
 
今目前に存在するものが
 
役者であろうが
 
書割であろうが
 
それだけが
 
刹那、ただ世界の全て
 
そうでなければ
 
真実を見失う
 
それが
 
舞台という名の戦いの世界の掟だ

 

だから
 
嵐の王に
 
伏してお願い申し上げる
 
古のカルデアの
 
羊飼いの御技の名において
 
憐れなこの山羊達を
 
助けてあげて

 

|

« 夏至 | トップページ | 禿山の一夜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143486/48700496

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 夏至 | トップページ | 禿山の一夜 »