« 平安神宮時代祭 | トップページ | ねーみんぐ »

2010年10月24日 (日)

あのにます

 

世界から忘れられ続けるものに
 
顔は無い
 
姿も形も無く
 
思い出も、そして時間も無い

 

己の想いという
 
たったひとつを選んで
 
他の全てを変換してしまうというのは
 
そういうことだ
 
そして、もしも
 
もう一度
 
世界の何処かに留まる道を選ぶのならば
 
それはつまり
 
死の運命に
 
自らを委ねるということだ

 

まあでも
 
世界の誰もその姿を覚えていないのなら
 
それがひとりなのか
 
複数なのか
 
男なのかどうかも
 
定かじゃないけどね

 

|

« 平安神宮時代祭 | トップページ | ねーみんぐ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143486/49830469

この記事へのトラックバック一覧です: あのにます:

« 平安神宮時代祭 | トップページ | ねーみんぐ »