« とろんぷるいゆ | トップページ | 比翼の鳥11 »

2010年11月23日 (火)

おるめかの仮面

 

レプリカではないのかと確認してしまう程に
 
精密に磨き上げられた
 
翡翠の仮面を見た
 
その技術も、造形の美しさも
 
正に磨き上げられたという言葉に相応しい
 
能面の如き青の面

 

数多の文明に
 
数多の青い石の形がある
 
その中でも屈指と思われる技術を
 
支えるものが何なのか
 
その答えは
 
酷く質素な
 
生活用具の姿の中に
 
とうもろこしを粉に挽くための
 
石皿と磨石
 
今もなお
 
あの密林のほとりで
 
日々女達が使っているのであろう
 
同じ形

 

磨いて磨いて磨いて
 
日々の糧を
 
美しき青き祈りを
 
巨大な石像を
 
そしておそらくは
 
後の国のカレンダーの形を
 
日々の営みは
 
何処まで繋がっているだろう
 
大陸を遥かに北
 
赤い河のほとりまで
 
繋がっているだろうか

 

|

« とろんぷるいゆ | トップページ | 比翼の鳥11 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143486/50111685

この記事へのトラックバック一覧です: おるめかの仮面:

« とろんぷるいゆ | トップページ | 比翼の鳥11 »