« ぶーとすとらっぷ | トップページ | きょうかんかく »

2011年3月21日 (月)

ばれんたいん

 

研究者じゃないので
 
統計根拠は無いけど
 
正に当事者として
 
知っていることはある

 

小学校高学年から高校にかけて
 
女の子達の間で
 
突如として流行したその震源地は
 
たぶん
 
少女マンガとそのふろくだ
 
今はもうあまり
 
言われなくなったけど
 
あれは、告白の儀式だった
 
秘めたる想いを
 
伝えることが許される日

 

都市伝説やおまじないの類だろう
 
キリスト教の聖人だのなんだの
 
由来の話なんて知りもしなかった
 
そして不思議なことに
 
この日に告白したら想いが通じるとか
 
そういう余禄も聞かなかったな
 
そしてだからこそ
 
結果の如何に関わらず
 
”本気”を決行した一握りの少女達は
 
羨望と少しの嫉妬をもって見詰められた

 

自分の想いを
 
形にする
 
ただそれだけの勇気を
 
物語が繋いで
 
薄く広く皆で支え合った
 
必要なものは
 
理由か 形式か 演出か
 
そも狙って起こせる代物かは分からない
 
でも
 
形の無い
 
有り得ない筈の何者かが
 
自ら地を踏み締めて立ち上がる瞬間は
 
確かに存在する

 

|

« ぶーとすとらっぷ | トップページ | きょうかんかく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143486/51180713

この記事へのトラックバック一覧です: ばれんたいん:

« ぶーとすとらっぷ | トップページ | きょうかんかく »