« みみっく | トップページ | ちぇいす »

2011年11月13日 (日)

点と線

二十日大根
植物の時計
第六世界の第六側
じゃあ
第五世界側もある筈だ

上半身が下半身を掴んだ頃に
第五世界の側では
オリジナルが生まれている

太古の本物の幻獣と
第四の幻獣は違う
伝導する必要があったのは
実は特定の人物であり
それ以外は余波

寵姫が
嫌いじゃないのに
手を付けない理由は
血が繋がってるからしか無いんじゃ
第五では重大なタブーだろう
ブリーダーは気にしないかもしれないが

つまり
アンカーを捨て駒にしてでも
第五から第六へと
進軍する方法を
模索している
でも
まだ先がある
第五的に不利になれば
長くは保たない
弱肉強食ならもう少し
晋兄ちゃんが
敵になる理由なんて
どこをどう引っ繰り返したって
ひとつしかないじゃないか
自分を捨て駒にする為だ
その為になら
世界の全てを欺いてでも

だが第一が強くなり過ぎれば
制御は難しい
悪神を倒した勇者が
神になれば
いずれ同じ運命が巡り来る

でも。
波の動きをする素粒子をエンジンとする計算機を
人間が発明したら
それでも足らないものは

天の光は全て”敵”
そのスピリッツだけじゃないかな


|

« みみっく | トップページ | ちぇいす »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143486/53239102

この記事へのトラックバック一覧です: 点と線:

« みみっく | トップページ | ちぇいす »