« るーつ | トップページ | 責 »

2012年1月21日 (土)

原罪

 

今の今まで
 
その世界の何処にも
 
存在しなかったものが
 
突然、受肉する
 
そうしたら
 
何が起きる?

 

プレイヤーと接触した瞬間に
 
弾き出されるキャラクター
 
だったらそれは
 
本来なら
 
プレイヤーと同じだけの可能性を
 
担う筈だった存在なのでは
 
辛うじて命を繋いだとしても
 
同じ世界にはいられない
 
風を渡るというより
 
風に流されていくもの
 
その心に
 
闇を抱いたとしても
 
誰がそれを責められるだろう
 
何故なら
 
彼女には
 
理由があるじゃないか
 
闇に堕ちると
 
その呪いを彼女にかけたもの達に
 
復讐する権利が

 

流されて
 
流されて
 
流離する、貴種
 
やがて彼女が
 
己の魂の輝きを取り戻し
 
本物の可能性を取り戻す時
 
今度は、弾き出されるのは

 

ひとりの筈だったものが
 
同着でふたりになるのなら
 
からくり的には問題ないのだろう
 
だが
 
一度廻り始めた闇が
 
世界に刻む傷痕を拭い去るのは
 
容易なことではない
 
最初の介入対象は
 
女性だった
 
メイデアの姫は
 
揺れて揺れて揺れて
 
彼を赦していたのだろうか
 
彼を

 

|

« るーつ | トップページ | 責 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143486/53790813

この記事へのトラックバック一覧です: 原罪:

« るーつ | トップページ | 責 »