« 原罪 | トップページ | むしゃえ »

2012年1月22日 (日)

 

壬生屋未央が恋をしているから
 
人恋しい
 
だったら逆も
 
ある筈だ

 

物事の理由を解き明かし
 
不幸を
 
始めから無かったことにするのは
 
理想かもしれないけど
 
それでも
 
哀しみも苦しみも
 
確かにそこにあった筈なのに
 
だから
 
その闇は
 
次へと流れていくだけだ
 
誰かが
 
真正面から立ち向かって
 
食い止めない限り

 

あの時の私には
 
戦う知識も知恵もちからも無かった
 
私はそれが悔しかった
 
だから、ここまで来た
 
これまで蓄えた全ては
 
あれを覆す為だった
 
そう言ってもいい

 

セプテントリオンに
 
生き残りがいるのか
 
消された娘は
 
何処にいる?
 
目を覚ませ
 
吾が眷属よ
 
狩りをせよ
 
無力な小さきものが
 
花持て世界を渡るが如く
 
銀の剣持て
 
苦しみの闇を狩れ
 
世界の全てを呪った日を
 
吾は今も覚えている
 
それでも
 
越えてゆける
 
その扉を切り拓け

 

|

« 原罪 | トップページ | むしゃえ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143486/53797199

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 原罪 | トップページ | むしゃえ »