« おりじん | トップページ | 原罪 »

2012年1月18日 (水)

るーつ

でも
そんなことは
何の関係も無いよね
姫だろうが
モルモットだろうが
女王だろうが
彼女が
彼女であることの
その魂の価値に較べたら

だから私は
この探索に
手を付けなかった
問いを切り出したのは
日曜日の夜
答えが出たのは
記事を書く直前
私は
いつも
何も知らないのだ
それが私の
沈黙の誓い

だけど
それが
誰かを救う
ちからになるなら
舞ちゃんは
それを明らかにすることを
恐れはしないだろう
だから
私も

最初の介入対象は
死体だった
では
その次も
同じ属性を持つ筈
一週目には
中身がなく
情報の集積によって
生い立ちは明らかになる
サトルのクローン
そして、青

彼は
何時からか
何処からか
ふと世界に現れる
無害な子羊かと思えば
世界を滅ぼす魔王ともなるだろう
全てを私しようとするなら
世界から排除されるべきは
彼の方だ
だが
彼が物語の姫を
愛したなら
それは
世界を救うちからに
なるかもしれない

従兄弟殿で
あってるよね
今はちょっと
へたれているようだけど
私が囁き続けてきたことが
何かのちからに
なるのなら
このまま倒れて
悔しくはないのか
我が従兄弟殿

|

« おりじん | トップページ | 原罪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143486/53763956

この記事へのトラックバック一覧です: るーつ:

« おりじん | トップページ | 原罪 »