« 夜明けの晩に | トップページ | なしょなる »

2012年3月15日 (木)

ご縁

この世に
呼び戻したんだから
まあ
息子と呼んでもいいのかな

そこに心が在るのなら
その心が
誰を選ぶかなどということは
純粋に
その心の問題であり
権利であって
他人がとやかく
口を挟むようなものでは
無いとも思うが

でも
どうしても
どうしても
そう成らざるを得ないような
運命のパズルの悪戯が
やっぱり在るのだということも
知っている
赤い糸と
呼んでも
確かに相応しいような
詰まるところ
本人達が
そこそこ幸せであるのなら
別に
お見合いだって
政略結婚だって
構わないんじゃないかとは
思う

とりあえず
受けた恩義を
忘れるようなことをするのなら
そんな息子は
母がどつきに行く
それは間違いない
少しは
世界というものを
人の心というものを
学んだのか
あの唐変木は

|

« 夜明けの晩に | トップページ | なしょなる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143486/54224224

この記事へのトラックバック一覧です: ご縁:

« 夜明けの晩に | トップページ | なしょなる »