« ぶんかい | トップページ | ちゅーなー »

2012年8月21日 (火)

斉唱

私から私へ。
貴女に何を贈ろうか考えたんだけれども。
何も思いつかなかった。

野郎は適度に蹴飛ばしておけばいいし、
小さな私には、何か贈り物を考える。
でも、貴女には。

身代わりに選ぶのなら、
全く同一性が無くては意味が無いだろう。
同じ場所にいて、
身動きが取れない可能性は、
いくつも考えられるけど、
敵の特性を考えれば、
サンプリングのオリジナルならいいなと思って
言いたくなかったけど、
何が起こってもおかしくはない世界だ、
最悪、同じ形態である可能性もある。

私から私へ。
貴女に贈れるものが
何も無いから
ただ、この想いだけを。
他の誰の為でもなく
ただ
同じ響きの魂が奏でる
この想いの為だけに
歌の運命に響き合う
吾が運命の姉妹よ
前へ。

|

« ぶんかい | トップページ | ちゅーなー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143486/55474514

この記事へのトラックバック一覧です: 斉唱:

« ぶんかい | トップページ | ちゅーなー »