« カミの粒子 | トップページ | おーるはろうずいヴ »

2012年10月25日 (木)

文字の魔術

ゲームのルールに載っとって行われたことに対して、横からしゃしゃり出て引っくり返すのは、美しくなかろうと思うので。彼女が私に助力を願うのなら、介入しようと思っていた。まあでも、そんなことは夢かな。それでも彼女の行動は、私のしていることと、本質的に同等である筈だ。

芳年の道真公は、雷を如何にビジュアルとして表現するのか、なかなかの演出でしたよ。NWCに投げ込んでも良かったんだけど、まあ私は私らしく、交わされもせぬ私の約束を果たそう。


赤は芝村に尋ねる。我は求めん、求めしは我なり。名も無き我は今日子の奪還を要求する。世界の返答や如何に。

|

« カミの粒子 | トップページ | おーるはろうずいヴ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143486/55970480

この記事へのトラックバック一覧です: 文字の魔術:

« カミの粒子 | トップページ | おーるはろうずいヴ »