« 創作ノート・加賀見の真名衆 弐 | トップページ | 親族 »

2012年11月24日 (土)

紺屋の白袴

ラスボスの正体は
妹ではなく
妹が孕んだ子供
その悪夢は回避されたと思ってたんだけど

そういえば
既に生まれてしまっている子供がいる訳だ

失われた子供
そうしなければならない
理由があったから
失われてから
取り戻される間に介入出来れば
原因を取り除くことが
出来るだろうけど
…生まれてしまったものは仕方ない

カモメって、ふみの日?
23番目の子孫なら
ただの私にも介入の権利がある筈だ
アルゴナウタイが立ち寄る
女ばかりの島
悪臭、というのは
インディゴブルーの
染料のことなんじゃないのかな
だったら
染められた青でも
いいんじゃないの
わざわざ墓を作ってまで
世界を越えて
探しに行くのなら
ソロモンの指輪でも
持ってきてもいいんだけど
ちょっと遅いか

て、いうか
魔王の花嫁候補とは
つまり
ハウリングに耐性を持つ
玻璃の王族の血を引いているということだろう
だったら
その魔王って
そもそも
瑠璃の王族の
同一存在という意味なんじゃないのか
別の世界では
青の一族とか呼ばれてそうな気がするけど

|

« 創作ノート・加賀見の真名衆 弐 | トップページ | 親族 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143486/56177700

この記事へのトラックバック一覧です: 紺屋の白袴:

« 創作ノート・加賀見の真名衆 弐 | トップページ | 親族 »