« うめのきごけ | トップページ | 創作ノート・加賀見の真名衆 弐 »

2012年11月21日 (水)

ぽいずん

ま、策略というか
まぐれ当たりを自分の手柄にしてみた、みたいな
自分でも良く分かってなかったんだろう的
コンタミの迷宮

枝葉はこの際無視して
悪魔憑きの少年
巨大なちからを手に入れた代償として
自分の魂を贄に供する時限爆弾
銀の腕
聖銃に
猿の腕
みんな同じモチーフ
痒いのはアトピーだよね
笑えるネタの内はいいけど
アレルギー反応だって
劇症化までのれっきとした時限爆弾だ
場合によっては命に関わる

第一と第七の魔術を合わせて
第六に出現した物語が
第二第三を突破
プラズマの炎となるのなら
第四から第五方面で観測されるその姿は
正に幻獣の女王となるだろう
それをさらに
第六側から観測したなら

神隠しの子供達は
第五の側でも観測されてる
それは余波であって
事件の本質は外している
そのちからが
世界を救うのに絶対に必要なのだとしても
巨大過ぎるちからを
相応しくないものが手に入れれば
やがて身を滅ぼすだろう
ハウリングに耐性を持つ
正しき継承者で無ければ
スタンビートを引き起こす
悪意だったのか
故意ではなかったのかは
私は知らない
でも
本物の時限爆弾は
精霊手だ

|

« うめのきごけ | トップページ | 創作ノート・加賀見の真名衆 弐 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143486/56161108

この記事へのトラックバック一覧です: ぽいずん:

« うめのきごけ | トップページ | 創作ノート・加賀見の真名衆 弐 »