« 親族 | トップページ | さーきっと »

2012年11月25日 (日)

電気石

ま、ついでに

最初から
複合体であるべき一族なら
特異体質が混ざっていても
問題は無いだろう

誕生石が
アクアマリンだったので
それが最初
ブルートパーズから
アイオライト
タンザナイト
もちろんラピスラズリも
いずれいい色のサファイヤが欲しいと思いつつ
パライバを買って
気が済んだと思ってたのに
アウィナイトとか
インディコライトとか
次から次へと…
…でもちょっとこの色は欲し…

元より
イメージの世界において
一対一の対応など
望むべくもない
融合と離反を繰り返す
渾沌の世界
でも
青い石の源泉を辿れば
おそらくその始まりは
約束を刻んだ青の石
神と人との契約を文字の形として
神殿に掲げた契約の石だろう
硬度としては確かに
ラピスラズリかトルコ石か
産出地域としても符号するけど
青い狼が灰色かもしれないように
貴石レベルに鮮やかな青だったのか
焼き物やガラスだったのかすらも分からない
真実は
歴史の闇の彼方

さらにその
浄瑠璃の石の多くが
珪酸塩であることを考えれば
その母は
化石燃料と同じく
かつて大繁殖した藻類の堆積が
地中の圧力によって
結晶化したものだろう
そうして生まれた青の石に
正しい時計を刻むひとつが紛れ込む可能性も
あったりするんじゃないのか

|

« 親族 | トップページ | さーきっと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143486/56184089

この記事へのトラックバック一覧です: 電気石:

« 親族 | トップページ | さーきっと »