« そーらー | トップページ | ごーいんぐ »

2012年12月28日 (金)

賞味期限

お土産爆弾は、小笠原ゲーム対策のつもりだったんが。せめてチャットで話しているならともかく、遠隔操作で起爆出来るのかは分からないけど。

彼女の気持ちを、掴みかねているようだったから。私は夏に言った筈だ。あの時は、別の人の話題だったけれどね。やりがいとか、役に立ちたいとか、自分で何かをしたいと思っている人間に、貴方は愛されてるっていくら言っても、それは違うんじゃないのって。彼女も、同じだよ。彼女が超絶不器用ながら一所懸命何かをしようとするのは、役に立ちたいからだ。それはつまり、自分の居場所が欲しいから、自分が必要な人間としてみんなに認めて欲しいからだよ。そういう手ごたえ、自分自身のかたちに飢えなくてはならなかった、その彼女の境遇を知らなくては、本当の意味で彼女の傍らにいてあげることは出来ない。自分の存在価値の証拠を渇望してしまう気持ちは、誰かさんにも分かるんじゃないのかと思った。だからこそ、彼でなくてはならないんだ。

でも逆に彼女のように、努力の方向さえ間違わなければ、破格の手ごたえを実現する能力を持っている存在は、またちょっと厄介なんだよ。頑張って頑張って、姉御とか頼りにされるようになったとしても。それが本当に、自分の欲しいものだったのかは、いつの間かよく分からなくなったりする。名誉欲とかとは、異なるベクトルから出発しているからだ。まあ、名誉に固執するタイプの大部分が、そんなケースなんじゃないのかとは、思ったりもするけど。そんな風に、己の歩いてきた道に疑問を抱くような時が来てしまったなら。その時に初めて、そういうお飾りとは関係なく彼女自身が愛されてるって、伝えてあげたらいいんじゃないのかね。

念のため断っておくけど。私の話じゃない。自分の体験したことの無い心情を理解する、そういうことが出来るのが役者の能力だ。最近のタレントさん達はちょっと違うけどね。自分の体験の範囲しか分からないなんて、私には詰まんないなあ。ロールプレイって、そういうことなんじゃないの。

|

« そーらー | トップページ | ごーいんぐ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143486/56410480

この記事へのトラックバック一覧です: 賞味期限:

« そーらー | トップページ | ごーいんぐ »