« 初手 | トップページ | くらーけん »

2013年1月 8日 (火)

ぱずる

ラストバトルには
いくつかの共通要件がある
複数世界の性格を融合させた
キメラ同士の戦いであること
基幹技術を満たしていれば
必ずしも生きた生物でなくてもいいこと
そして
聖銃同士の戦いであること

世界の自己同一性を保つために
異分子を排除する戦いなんだから
当然と言えば当然のこと
でもそうすると
絢爛のラストバトルは
微妙におかしい
希望号に精霊回路が描かれているなら
精霊手を使うことは可能だろうし
火星の海はある意味
セントラルと同一の場とも言えるから
要件は満たしているんだけど
プレイヤーが精霊手を発動していないラストバトルは
ストライクじゃない

希望号を火星に運んだのは
タキガワで
彼は聖銃の因子を継いでいる
本当は
彼が
もしくはタキガワ一族の誰かが
絢爛舞踏として希望号に乗る筈だった
それを
プレイヤーが阻止したんだ
じゃあ
その可能性は何処へ流れるのか

共通要件は
もうひとつあるんじゃないのかな
その映し絵は式神で見付かる
母と娘の戦い
公式SSが舞踏子である理由
そも
ラストバトルに聖銃が必要であると知っているのは
非常に高度な世界知識を持つ者か
巻き込まれた関係者だけだ
彼女が精霊回路を描かなければ
GPMの時点ですら聖銃は揃わなかった
時の無い場所で
彼女が私怨を晴らしたいのは

|

« 初手 | トップページ | くらーけん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143486/56495750

この記事へのトラックバック一覧です: ぱずる:

« 初手 | トップページ | くらーけん »