« 繭 | トップページ | とりぷるあるふぁ »

2013年3月10日 (日)

みっしんぐりんく

子供達は
直接親から誕生する訳では無く
送られてくる
では、彼らの生まれる姿を
誰も知らない

だったら
卵で生まれて
人間型に変態してから
親のところに送られる個体がいる可能性も
ある訳だ

タンパク質を素材とした
バイオ工学
その時点では
第六世界の要件を満たしている
必要なのは
それが生物として
世代を重ねられるか否かという問題

問題はもうひとつ
BALLSが
自己生産能力を持ってるにしたって
部品調達の資源はともかく
どうやって
対消滅エンジンの燃料を調達し続けるのか
その機構が
あれだけの勢力を拡大するのなら
それは確実に物理域を左右するだろう
基幹技術に
ハイテクのようでいて
ファンタジーな部分を残している
それが
意図的であるのなら
絢爛世界の物理域は
そして
海に広がった
黄金の遺産
余波が危ない存在は
隔離保護で凌ぐとしても

うめよふやせよちにみちよ
確かに神は
それ以後のことを教えてはくれなかった
だから
神を越える存在を
建造しなくてはならない
鬼魂号は
正義をシステムとして謳いながら
それが一体何なのかの定義を持たない
ではそれは
操縦者に問うべきだろうな

|

« 繭 | トップページ | とりぷるあるふぁ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143486/56927447

この記事へのトラックバック一覧です: みっしんぐりんく:

« 繭 | トップページ | とりぷるあるふぁ »