« Penny Black | トップページ | 創作ノート・加賀見の真名衆 捌 »

2013年5月 4日 (土)

オーダー

アトラハシスの
水の中で
幼子達が聴いている
原初の音とは
どんなものかと
考えたことがあった

答えは
世界に生まれ落ちた後の
彼らが教えてくれる
その頬に触れ
指を握り
揺りかごを揺らす
歩き回る一歩一歩に
にこにこと微笑む
それは
振動という
コミュニケーション

第六は
分岐させられたと言いながら
本当に分かたれているのは
第一
でも
何故それが
可能だったのかと言えば
第六こそが
第一を除く
全ての基幹技術の
前提であるところの
ステージ空間を
構成する技術だからだ
第一もまた
そうであるのか否か
それは
他の世界からは
決して触れることの出来ない
大いなる謎

それ故に
第六の法則を解くことによって
全ての物理域を
打ち砕くことが可能になる
第一すらも
例外ではないだろう
解放された
自由なるエネルギーを
逆転させれば
再生することさえ
可能かもしれない
だが
その過程に
正しい秩序が存在しなければ
つまりは
なりそこなうことになる

指標となるべき
正しき世界の秩序
その守り手との
契約の証とは
どんな形をしているのか

|

« Penny Black | トップページ | 創作ノート・加賀見の真名衆 捌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143486/57311485

この記事へのトラックバック一覧です: オーダー:

« Penny Black | トップページ | 創作ノート・加賀見の真名衆 捌 »