« 鍵 | トップページ | 伝来 »

2013年6月10日 (月)

もろはのつるぎ

そういえば
水竜に守られた
カルデラ湖に浮かぶ城を
見たことがあったな
あの世界にも
蜘蛛と竜とに守られた
地底の洞窟があった
そこに語られた伝説は

同じ風景は
式神世界でも見られた筈
じゃあ
母が辿り着いた
湖の城は
第五の何処に
対応するだろう
そして
伝説の空洞は

歴史を変える銃が
形として造られるのは
第三
でも
創られるのは
時のないところかな
全てが揃う有り得ない内円であるのなら
十七番目が生まれても
いいよね

それは
迷宮の混沌を祓い
響きの調和を取り戻す武楽器
謡う銃


私は
真名衆の長、氷上媛の対の持物に
ひと振の剣を
設定していた
夢と現
妖しと人間
あの世とこの世の
界を分ける境界を定める
斎にして塞の王の剣
邪を祓い
全ての結界を切り裂いて
主の手に戻るちからを持つ
たまゆらの剣を

|

« 鍵 | トップページ | 伝来 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143486/57565251

この記事へのトラックバック一覧です: もろはのつるぎ:

« 鍵 | トップページ | 伝来 »