« 和解 | トップページ | もしも »

2013年6月29日 (土)

きりかえ

奇跡は起きた
それは
同じ物理域における
未来の記憶であり
ループによって
蓄積し続ける戦果としての
このポイントは
決定事項だ
でも
その命綱が
アンカーとなって
第六への進軍を
繋ぎ止めているのだとしたら
これの修正は
より大きなちからによる
他世界からの干渉でしか
実現しないだろう

同じ条件は
揃っている
観客は増加していて
しかも
電波観戦
では
同じことが
起きる筈だ
絶体絶命は覆され
死すべき運命の者達は
祈りによって
双方の命を
繋ぐことになる
既に
登場人物の条件は異なっている
この介入をもって
絢爛世界へと至る
第六のひとつという
分岐ルートが発生する
第五は
ひとまずそのまま進んで
別の姿を現すことなるだろう
そして
次のグランドクロスにおいて
奇跡の記憶が
再現するのなら


計算に入っていない特異条件が
存在するんだから
仕方がない
それでも
統計の目が監視しているからこそ
ファンタジーには傾きすぎない
これもまた
ひとつのアンカーで
つまりは
スイングバイというところかな
だから

サーガのもうひとつの間違いとは
何もかも無かったことにしたら
ハッピーエンドなんかじゃないってことだ

|

« 和解 | トップページ | もしも »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143486/57690253

この記事へのトラックバック一覧です: きりかえ:

« 和解 | トップページ | もしも »