«   | トップページ | あなりすとれぽーと  システム進化 »

2013年10月27日 (日)

みゅーてーしょん

終焉、既にそう語られている

ダーウィニズムとか言われると
分かったような気がして
結局分からないままになるけど
自然淘汰説
そう言えばはっきりするかな
それはつまり
勝ち負けが全部を決めるということだよね

命は
生き残らなければならない
その洗礼は受けることになるんだろうが
単純にループをぐるぐると回るだけでは
物語を覆すことが出来ない
だから
ひとつの系譜単独で
為し得ないことを実現するのに
必要なのは
ELSEのインパクト

遺伝子という情報伝達は
形質の同一性を保つシステムでありながら
本質的に
バリエーションを生み出す
偶然性を含んでいる
それを実現するのは
組み合わせや
コピーエラーといった確率
その機序は
分子工場のシステムによるものだ
その心臓を動かしているのは
確率論的存在であるところの
電子という素粒子
そのふるまいを
ジャッジするものさしは
観測という、白

勝ちとか
負けとか
他人が作った線引きに
興味はない
私は私の道を往く
それは別に
好き好んで
独りにならなければという意味では
なかったけれど
出来るだけたくさんの想いを許せる
そういう道を探そうとする時に
自分の好みに閉じこもるなんて不可能だ
互いの好きを許し合ってれば
後は干渉しないで全部を済ませようなんて
共に歩む道は存在せず
みぃんな
独りだ
勝手に行けば

|

«   | トップページ | あなりすとれぽーと  システム進化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143486/58463481

この記事へのトラックバック一覧です: みゅーてーしょん:

«   | トップページ | あなりすとれぽーと  システム進化 »