« 識別認識 | トップページ | はざまの国々 »

2013年12月10日 (火)

暴露

何故極東になのかと思えば
よくもこんな血統を探し出すものだ
でも血統こそが要件だというのなら

レナが次女の名前なら
長女ソフィアが存在する筈だ
ロマノフの風習に
末子相続の考え方が残っていなければ
まず長子を押さえようとするだろう
もうひとりの
幽閉の公女
そのずれを
将軍は知ってるんじゃないのか
しかし
焦土作戦を得意とする古狸が
本当の味方であるのかどうか
真の敵を釣り上げる為になら
何をするか分かったもんじゃない
古き良きロシアを存続させるために
釣らなくてはならない
赤い敵
まとめて埋められてしまわないように
油断してはならない
とどのつまりが明らかになるまでは

私は
戦争が
大嫌いなので
戦記とかその類いは
基本読んだことがない
ダークファンタジーでも
その手の描写はすっ飛ばし
それが何故
戦争を学び始めたのかは
まあ置いといて
今でも
坂の上の雲すら
読んだことがない体たらく
でも
軍隊という人間集団の性格を設定すれば
指揮官と副官の関係性とか
どんなパターンを取り得るのかということは
逆算出来る
私が組んだ戦術も
みんな同じ
釣瓶なんとかとか言われて
へー、そんな名前なのかとかと思うくらい
私には
アーキタイプが無いんだ
それでも
見れば同じであることは判別がつく

焦土作戦て言うんだ
名前は最近知った訳ですが
同じものは見たことがある
次々と世界を壊滅させながら撤退して
何を釣り上げるつもりなのか
その場合
シベリア鉄道が
誰なのかということだな
とりあえず
その網の目で
本当に捕獲出来るの?

|

« 識別認識 | トップページ | はざまの国々 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143486/58733497

この記事へのトラックバック一覧です: 暴露:

« 識別認識 | トップページ | はざまの国々 »