« 奪還 | トップページ | 水の名前 »

2014年1月11日 (土)

せいりせいとん

時系列の確認

先にコントロールが失われ
しかる後に待避の切り離しがされた
危険なのはむしろ
残された方だ
コントロールが可能なレベルまで
物理域変動をかけるしかない
不安定な危ない状態で
敵側の論理で行動しようしたから
ハックされた
では乗っ取り犯は
誰なのか

どちらの情報も
結果として被害を被ってるのは電気設備
介入としては
正確に敵を捕捉している
沈黙の理を知るものではあるだろう
可能性が一番高いのは
神というよりも
白のような気がするが
Bではないんじゃないのか
むしろ
Bの本拠地として攻撃目標にしているような
あの時も
扇動された騒ぎのお陰で
もっと大きな問題点が見付かった

そりゃまあ
盟約をねじ曲げられたら
竜は離れざるを得ない
根拠を、失うのだから
貴方方みたいに
面白半分の介入なんてしていない
己の流した涙の重さを
盟約とした
それを尊重もせずに
平然と変えましょうとか言う
そもそも
何でそんな話になったのかだって
自分達でちゃんと分かってるのかいな
自分の不明と向かい合えないものに
沈黙を追う資格なんて無いんじゃないの

|

« 奪還 | トップページ | 水の名前 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143486/58926821

この記事へのトラックバック一覧です: せいりせいとん:

« 奪還 | トップページ | 水の名前 »