« けいやくしょ | トップページ | ポイニクスの到達 »

2014年5月24日 (土)

でんち


民を
救わなくてはならない
必然性はあるんだが

そんな言い訳よりも
気持ちが
一歩を進ませるのなら
その方がいいよね
そしてそれこそが
姑息な裏技よりも
真の問題を解決する
ちからとなるだろう
と、いうところで
共和国は既に
遅れをとってるようにしか
見えないんだけど
さて

電池があった
だから
電流を操る技術はある
テレビでアニメをやってた
だから
電波技術もある
では
姿が見えないのは
むしろ
運命を司る
プラズマの輝き

どっちの姫でも
あんまり関係ないと
今の帝國なら
言えそうだね
我らの不在をよく耐えた
電池の器となるのは
もちろん
中央世界の技術だ

|

« けいやくしょ | トップページ | ポイニクスの到達 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143486/59696069

この記事へのトラックバック一覧です: でんち:

« けいやくしょ | トップページ | ポイニクスの到達 »