« シャロンの発見 | トップページ | 月面着陸の日 »

2014年7月13日 (日)

ふらくたる

ああ、まあ
そんなことだろうとは思っていたが

金髪の王子
コード
でも同時に

苗字かと思えば名前
そして、ネイティブなんだな
とはいえ
今更というか

主のパラメータを分割してしまったら
それぞれの世界において
ある可能性がどのように判断されるのか
価値基準すらも異なることになる
「不死」
その意味ですら
世界を跨げば異なってしまうということだ
ある世界では味方の存在が
隣の世界では敵なのかもしれない
可能性転写の意味を
正確に理解したら
そんなことは
自明の理だろう

だからといって
みんながみんな
仲良しこよしではいられない
それが
命というものだから
敵味方入り乱れての
戦いはある
私はそれを否定しない
だが
相手の可能性を絶ってはならない
勝敗を決めることと
相手の存在そのものを否定するのは
別なことだ
だって
その方が面白いでしょ
相手がただ一方的に悪くて
撃って殺して万々歳
そういうのさ
ただの弱いものイジメで
レベル低いよね
自分が如何に弱いかを忘れて安心したいだけで
つまりは
ちっとも強くはないことを証明してるに過ぎないって
どうして分からないの

単なる憂さ晴らしと
本物と戦って勝ち取る勝利は違う
でもまあ
お稽古は必要だ
だからちゃんと
撃って殺せるシステムすら用意されている
じゃあ
相手がデコイなのか
中身があるのか
ちゃんと確認してから剣を取る
そういうことを
学んだらいいんじゃないの

|

« シャロンの発見 | トップページ | 月面着陸の日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143486/59975597

この記事へのトラックバック一覧です: ふらくたる:

« シャロンの発見 | トップページ | 月面着陸の日 »