« こらぼ | トップページ | そもそも »

2014年8月24日 (日)

ほんやく

コピー
その時点で
最初の悲劇を覆さなければ
連鎖を絶つことは出来ない

その為には
転写の途中で置換されてしまう
意味付けを
正確に読み解かなくては

印欧祖語を
漢字で翻訳したとしても
さらにそれを読み下し
真の意味を識るとは
簡単なことではない
変転≠フラクションで
精霊≒elementalは常識を疑うとしても
機導弾≒gearboltの
「導」はどこから出て来るのか
それによって
「bolt」とは
さらに翻るのなら
「弾」とは

推測パターンは
いくつもあるだろうけど
未知の事実と照合するのは
調査の手間暇がかかる
もっと確認のショートカットが可能で
且つ意外性があるのは
誤謬を誘う表現ということになる
自分で穴に落ちれば
少なくとも確認は出来る
それを起点に
遠距離射撃の調査に出る
それが基本攻略パターンかな
ということで

傾国とか傾城とかは言うけれど
姫本人が傾くの?
もちろん見たことはあるけども
殺すことや
機械として扱われることを嘆いても
「解」と
推測とが一致してるという
証拠は無い
同時に起きる事象は
どうしても関連があると思いがちだけど
偶発ということも
充分に考えられる訳だ
そして

メッセンジャー
閉ざされた扉を開く
「鍵」を携えて
森羅を越えて旅するのなら
その機序は
沈黙の理である筈
現出したのは第三でも
本当の故郷は
第七すら越えて
むしろ

|

« こらぼ | トップページ | そもそも »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143486/60203744

この記事へのトラックバック一覧です: ほんやく:

« こらぼ | トップページ | そもそも »