« しっぽ | トップページ | I dress »

2015年1月26日 (月)

ごーじゃすたいむず

それでも
ゴージャスタイムズは花開いたのだ
それは
私にとっては
「過去」の出来事だ

命は
生き延びなければならない
その戦いに終わりはなく
何時の世にも
悲しみの涙が
尽きることはないだろう
でも
それでも
打ち寄せる悲劇に否と叫び
ほんの少しだけ
マシな未来を
その諦めの悪い
営々たる努力だけが
ゴージャスタイムズを顕現させるだろう
じゃあ
粗悪なコピー
そう呼ばれながらも
その最初のインパクトの本質は

頂天
その言葉に相応しいのは
因果の円錐のてっぺんだろう
有り得ない内円は閉じ
同時に
逆しまの円錐との交点に
グランドクロスが勃発する
逆に言うのなら
全てが揃っているその一点を目指して
七つの世界線の全ては
書き換えられる

だったら
悲しみの聖戦とは

|

« しっぽ | トップページ | I dress »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143486/61034632

この記事へのトラックバック一覧です: ごーじゃすたいむず:

« しっぽ | トップページ | I dress »