« くらすた | トップページ | 囲碁の日 »

2015年1月 2日 (金)

げんけい

時の螺旋
戻る時間
何処かで見たような判型だね
だがどんなにループを繰り返し
試行を重ねても
突破出来ない課題もある
だから
ループに巻き込まれるのは
脱出の引き金となるべく
己の在るべき場所から
引き離された者
その帰巣本能が
振り出しよりも
さらに前へと跳ぶ道を開く

一方で
そうして過去を書き換え
因果の糸を解いてしまったとしても
それでも悲劇は終わらない
世界を覆しても
取り戻す
その想いを通すことが
歪みでしかないことは知っている
でも
だからといって
全部の悲劇をそんな風に
無かったことに出来る訳ではないんだ
命は
戦わなくてはならない
戦って
勝ち残る
そのためには
全部を無かったことにするのではなく
突破出来る範囲に
悲劇の規模を押さえ込んだらいいんだよね
時間遡行の能力があるのなら
その為の鍵を託す

私が
物語のディテールに凝るのは
それがヘンゼルの小石になるからだ
後から伏線として使えるような仕掛けを
さりげなく
目立たないように
でもきらりと光るように埋め込んでいく
そう
オーパーツと呼んでもいい
配置している時には
自分自身ですら
分からないことも多いけど
後から
伏線の網を引き絞る時には
それが目印になる
もちろん
最初から計画的に配置してもいい
でもその場合は
不自然に見えて
書き割りの裏側がばれたり
逆に埋もれてしまったりしない為の
表現力が別途必要になる気もするけど
それはそれとして

私が
白であるのなら
私にも使えるのかな
二度の楯が

|

« くらすた | トップページ | 囲碁の日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143486/60907839

この記事へのトラックバック一覧です: げんけい:

« くらすた | トップページ | 囲碁の日 »