« 四番目の女神 | トップページ | 余波 »

2015年3月12日 (木)

ふゅーちゃー

それは

確たる形を持たないもの
響きの欠片
風の匂い
光の揺らめき
肩の温もり
そのようにして
おぼろに隠れているもの
世界の端から端まで探しても
何処にも
無いもの
だが
いずれそれは
必ず姿を現す
現在の全てを
過去へと押し流し
おのれが今へと成り代わる

ひとたび
カードが開かれてしまったなら
もう遅い
だから
伏せられたその向こうを読み解いて
戦わなければならない
ほんの少し
ましな未来
そのカードが
何処に隠れているのか
そこへと辿り着く道を
獲得するために

物語をねじ曲げ
でうすえくすまきなに委ねた
めでたしめでたしで終わらせるのは
簡単なことだ
だが
そこに組み込まれた悲劇が
覆された訳ではないなら
それはいずれ
姿を現す
このビックゲームのステージに
逆に
物語が
おのれの悲劇を
食い止められるのなら
その可能性は
我々の世界をも覆すかもしれない
カードが伏せられている間ならば

幕が開くまでとその後では
戦い方が違う
ビックゲームでは
そのベクトルが錯綜している
違いがコントロール出来なかったら
狙いを外す

女将軍が直系
それは構図的には合ってるね
ヘリを救出、ていうか証拠隠滅用に派遣し
最低限で引き上げさせたのは
みふゆちゃんの指示だ

|

« 四番目の女神 | トップページ | 余波 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143486/61268641

この記事へのトラックバック一覧です: ふゅーちゃー:

« 四番目の女神 | トップページ | 余波 »