« 因と果と | トップページ | しぇるたー »

2015年3月21日 (土)

なむはちまんだいぼさつ

えー、多少照準甘いけども。重ねてぶった切るか。細論を後で切り直すかも。
お姉さまから、衝撃の情報を入手。沖縄にも源氏の直系ってええとそれはいや可能性としてはもちろん無いとは言えないがしかし…。
だがそのようにして、数多の王家が遡って血族となったのだ。過去なんて、「如何様」にも書き換えられる。それを当事者として体験したものですら、己の記憶を都合のいいように変換させてしまうのは、良くある話。そしてそのようにして、おそらくは数多の神話は成り立っている。とはいえ、それが単なるこじつけなのか、もしくは何がしかの真実を孕んでいるのかは、また別の話。
かわいいにゃんこならもちろんすりすりするとも、向こうが嫌だと言わない限り。猫は見るもの、闇を見通して真実を暴くだろう。敵の姿が同じ属性、介入のパラメータが同じでも別勢力、違いを検する遣いとは何処かで聞いたことがあるじゃないか、でもその名を利用すれば更に遡ることが出来ない、ではそれより以前は別の世界なのでは。
海の底にも。当然か、太陽の女神、光の王だ、では。さらに前を統べる地の母の迷宮は。
古き母に御願い申し上げる。大地の割けたる折にて伏してご挨拶出来ぬことどうか御容赦賜りたい。願いは、いつでもひとつきり。どうかお返し下さい。赦される小さなひとつだけを。他は全て元のままに。

|

« 因と果と | トップページ | しぇるたー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143486/61314460

この記事へのトラックバック一覧です: なむはちまんだいぼさつ:

« 因と果と | トップページ | しぇるたー »