« しぇるたー | トップページ | まなとかな »

2015年3月24日 (火)

曙光

血族
では当然ながらその似姿は
第5方面へ伝播している筈

四月方面への進軍ルート突破口を奪還
蒼天を見上げよ
貴女が
大樹の元
心から微笑む日を
請い願う

彼女が何故
与えられたら安楽椅子から立ち上がったのか
その理由が
語られたことが有るのか否かすら
私は知らない
偽と隠された本物の姫
でも
その物語が
私の一番苦しい時代
ひとつの光であったことも
ただの事実
では
物語には
物語を返そう

私の怒りを
貴女に上げる

炎に巻かれて
何の罪もない彼女が
死んでいく芝居が
私は
嫌だった
嫌いというのとは違う
美しい物語に
何処か酔う気持ちがあったのは
本当だ
でも
どうしてもどうしても
あれはお話のことだからと
忘れることが出来なかった
だって
誰も悪くはなかったのに
少しだけ
すれ違っただけなのに
じゃあ
どうすれば良かったのか
機序への介入を
考え始めたのは
あれが最初だ

一度切りの芝居
終わった物語
私は彼女に対して
縁もゆかりもない
それでも
その歌を忘れなかった
何時の頃からか
考えていた
もしも
次があるのなら
どうやって
あの舞台に乱入すれば
彼女を
救えるのか
どうその力を
手に入れるのかと

篭の鳥が目撃し
覆したいと望む悲劇は
限られている
彼女が努力で身に付けた
技術のレベルを考えたら
敵は相当な規模になる
熊本城戦シナリオを
企図したのは彼女
その未来にも
暗雲が立ちこめていたのも
事実だろう
その上
自分が危険に曝されると
分かっている作戦判断
単に
自分が逃げ出せばいい訳ではない
攻略目標には
その特殊記憶に基づく判断が
反映されている筈だ

彼女は姉妹を救うために立ち上がったんじゃないのか

|

« しぇるたー | トップページ | まなとかな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143486/61329159

この記事へのトラックバック一覧です: 曙光:

« しぇるたー | トップページ | まなとかな »