« まーく | トップページ | 全部入り »

2015年10月31日 (土)

にき

日記が
歴史資料と成り得るのは
事実の読み解きを語る場合だろう
それ単体では
妄想で
夢でしかなくとも
事実根拠に則して
どんな意味を持つのか
その主観を語る時
事実は
ただ何処までも
物理的事実でしかない
その内に
どんな意味が隠されているのか
その想いを語る鍵が
揃わなくては
だから
第二単体では無くて
白は青を得て橙と成るのが悲願
第五においては
遠く語られる
ほむらの伝説
それは過去でありなから
また
セントラルを行使するにおいては
何時か立ちはだかる
未来の脅威でもある
でも
まだ
その意味は空白のままだ
だから
長き永き祈りの果てに
最も新しき伝説を得て
今、再び
その輝きは豪華絢爛

|

« まーく | トップページ | 全部入り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143486/62585265

この記事へのトラックバック一覧です: にき:

« まーく | トップページ | 全部入り »