« ぼうえき | トップページ | ひーら »

2016年3月29日 (火)

かくう

言葉が
本当に
狭苦しい約束事でしかないのなら
全ては
空疎な遊びに堕ちることになるだろう

でも
その設計図で描かれた
「世界」の大きさによって
人類は
ここまで歩み続けてきた
だから

絶対架空
その言葉を聞いて
笑ったのを覚えている
それはまるで
天空の虹のようだと
思ってしまったので

人々にとって
それが絶望の刻印でしかなくても
私の女神が
その空を見上げる限り
無辺の闇に虹は輝き
吾が瞳はその光を見るだろう

覆せない現実があることを知っている
だが
覆せる絶望があることも知っている

それが私の覚悟

|

« ぼうえき | トップページ | ひーら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143486/63411159

この記事へのトラックバック一覧です: かくう:

« ぼうえき | トップページ | ひーら »