« じし | トップページ | でんらい »

2017年2月27日 (月)

見えない手紙

私は本当に
大したゲーマーじゃない
その証拠に
木簡なんて
さっきまで忘れていた
三椏が無ければ
気が付きもしなかっただろう
この能力を
転写というのは
不可能だね
つまり
私にはその方法が
分からないから
 
自死ではなくても
暗殺は
存在したな
それには
理由があった
仮死状態なら
最悪の事態は
回避できた
 
通常のゲートではなく
特別な機序によって
命を繋ぐ者なら
ハウリングに
ゲートが汚染されたら
勿論
世界が散じてしまう
だが一方で
セントラルは
緊急安全弁
その存在を
救えなければ
因果律が破綻する
 
神人を選択したら
ギアボルトが
やり直せた訳だ
今度こそ
絶望ではなく
希望を嘯く
ゴーストとして
ていうのを
土岐編が
最後まで辿り着いたら
このストーリーラインでしか
出来ないテイストで
やってみたいと思っていた
プロットというのは
その為のもの
未来は過去に希望を囁き
過去は未来に
失われた技を授ける
対絶技の経験値は第五へ
託された筈だ

|

« じし | トップページ | でんらい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143486/64949197

この記事へのトラックバック一覧です: 見えない手紙:

« じし | トップページ | でんらい »