« 豆の弦巻 | トップページ | 頭と心臓 »

2017年6月 5日 (月)

すじがき

種族名は
元のまま
固有名詞は
通称
ウォレス線は
変わらないと
そういうことかな

アルペスの麓には
リンゴの樹が
だか
それを知っていて
あえて
名前が
用意されている
他は
いいとしても

姉妹は
互いを必要として
それを引き離せば
大変
マズいことに
とはいえ
それが
彼女を助けるために
必要なことならば
誰かを失って
狂う、それもまた
誰かの似姿

古戦場に
ひとり
取り残されたのか
守られたのか
日本の建築モチーフは
そこだけ
情報が隔絶すれば
世界としての同一性も
流動する
それが
必要なことならば

命は
戦って死ぬものだ
それを覆すことは
私にも許されないだろう
だけど
せめて
生涯を戦い抜き
幾ばくかの想いを抱いて
己れを全う出来るのなら
その最期が
安らかであるのなら
その為には

エラーは
正す
その為には

パートナーチェンジは
あってもいいかもしれない
だけど
果たすべき役割を持つものが
ロストしたら
起こるのは負のドミノ倒し
弾は
二発要るんだ
そうすれば
相殺される
その為には

|

« 豆の弦巻 | トップページ | 頭と心臓 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143486/65372404

この記事へのトラックバック一覧です: すじがき:

« 豆の弦巻 | トップページ | 頭と心臓 »