« 理のちから | トップページ | レポート・システム4 その壱 »

2018年1月29日 (月)

かんげんろん

そうして
最初の問いへと
戻ってくる

答えは
最初から分かっていた
では
その問いは

想いが伝わるのだとしても
それが物理である以上
法則性を持たねばならない
それに
どこまで自由度を許せるのか

人が独りであるのなら
無限大でも
構わないのかと思うんだが
他から誰かを招く時には
そういう訳にはいかなくなる
思いの丈を計る
そのために
何を指標とするのか

在りて在る
その強さを

|

« 理のちから | トップページ | レポート・システム4 その壱 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かんげんろん:

« 理のちから | トップページ | レポート・システム4 その壱 »