« かせき | トップページ | 七宝 »

2022年8月 7日 (日)

暁の姉妹

やれやれ。

むかーし。エルフという存在を自分の理解に組み込むにあたって。魔法という機序を、どのように解釈するかとか、考えていて。

その世界の法則が存在するのであれば、それはリアルの自然法則と概ね一致している筈、でないと、世界の様相は全く異なるものになるだろうから。そうならないということは、同様でありながら、一部の特異が許容されている、そういう位置付けになる。

世界の法則から、己の意志によって何らかのエネルギーを引き出し、自分の思うように動かすことが可能なのだとすれば。その代償として、意志そのものが、法則に組み込まれて、自由が利かない、そういう存在なのであろうと思った。法則を逸脱出来てしまったら、世界の様相は一変してしまう、それは許容出来ない。だからこそ、秩序とか、美学とか、そういうものの影響を大きく受ける、精神の在り方そのものが、秩序を逸脱する選択が不可能なように出来ている、そういう制約。

逆に、人間であれば、そのような意志の自由を獲得出来る。その代わり、使える魔法の規模は、必然的に小さい、影響が小さいからこその、自由度。じゃあ。

エルフと、人間との間に、子供が生まれたら。ていう物語を、考えたことは、あったな…。いやしかし、あれ、妻イノチなだけの超ダメ親父と、妹達にゲロ甘な兄貴の話…。

|

« かせき | トップページ | 七宝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« かせき | トップページ | 七宝 »